規正法改正、公明案に否定的=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は9日午前の記者会見で、秘書が政治資金収支報告書に虚偽記載をした場合に議員本人の公民権を停止させる政治資金規正法の改正を公明党が唱えていることについて「(秘書に)意図的にそういうことをされてアウトとなると、非常に難しい問題が起こってくることも想定される」と述べ、否定的な考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「政治資金収支報告書の虚偽記載罪」
小沢氏の記者会見要旨
衆院予算委の詳報
自民、与党分断へ社民に矛先=首相は公明に秋波
秘書起訴「事実は重い」=鳩山首相

<黒澤明記念館>建設資金調達の報告 財団がキャンセル(毎日新聞)
<うそ>警察に「強盗被害」、妻には「サッカー協会に転職」(毎日新聞)
<インサイダー取引>GWG子会社元会長に実刑判決(毎日新聞)
「石川議員、辞職に値する」社民幹事長(読売新聞)
<腎移植>「誤診で摘出」提供者が岡山市提訴(毎日新聞)
[PR]
by atdxnjlsq7 | 2010-02-10 16:56


<< <診療報酬>明細書付き領収書、... 佐藤九段が先勝=将棋棋王戦(時... >>