センター追試開始 例年より1週間遅れ(産経新聞)

 大学入試センター試験の追試験が30日、2日間の日程で全国48の会場で始まった。今年は新型インフルエンザ対策として例年より時期を遅らせて本試験の2週間後とし、会場数も大幅に拡充。受験許可者は、過去最多の972人に上った。

 初日は本試験と同様、公民、地理歴史、国語などを実施。受験許可者のうち、新型と季節性のインフルエンザを理由とするのは384人、発熱などの類似症状は125人で、交通遅延などにより本試験が受けられなかった受験生も100人以上いた。

 大学入試センターは当初、追試対象者を5万人規模と想定したが、「大幅に少ない人数になった」としている。

 英語のリスニングで監督者のミスにより試験時間が足りなくなった1人も再試験の対象になった。

 同センターは新型インフルエンザ対策として、各都道府県で追試を受けられるように会場を従来の全国2カ所から増やした。時期も従来は本試験の1週間後だったが、今回は2週間後にした。

南硫黄島北海域で白煙=海底火山活動か−3管(時事通信)
大阪の替え玉殺人、中国籍の女に無期判決(読売新聞)
<陸山会土地購入>大久保秘書、虚偽記載関与認める供述(毎日新聞)
内服薬処方せんの記載方法を標準化へ―厚労省(医療介護CBニュース)
<岐阜市長選>告示 無所属の4人が立候補 2月7日投開票(毎日新聞)
[PR]
by atdxnjlsq7 | 2010-02-05 18:17


<< 捜査の推移見守る=鳩山首相(時... 秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無... >>