農協にも金融庁検査=行刷会議分科会が提言(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・菅直人首相)は15日夕、菅内閣発足後初の会合を開き、同会議の規制・制度改革分科会がまとめた報告書を首相に提出した。報告書は、一定規模以上の農協について、預金者保護の観点から金融庁による検査を実施することなどを求めている。報告書の内容は今月中に閣議決定される見通し。
 報告書は、農業、環境、医療の3分野を中心に計66項目の規制や制度について、改善策を盛り込んだ。農協の貯金・貸し出しなど信用事業は、現在も都道府県知事の要請があった場合は金融庁が検査できる仕組みになっているが、これまで検査は一度も行われたことがない。
 このため、(1)預金量が一定規模以上(2)不祥事が繰り返されるなど法令順守への姿勢が疑われる―などの場合には、金融庁が農林水産省とともに検査できるようにするための基準・指針を作成するべきだと明記。その際、知事の要請を必要とすべきかどうかも検討するよう求めた。 

<自民>谷垣総裁「政治生命かけ参院選戦う」 全議員懇談会(毎日新聞)
【Web】「ハトミミ.com」から「ハト」が消えた(産経新聞)
陸自ヘリ、今秋派遣 スーダンPKO、月内に準備命令(産経新聞)
わざと女性はね送るふり、断ると暴行の男逮捕(読売新聞)
古市百舌鳥古墳群、世界遺産暫定リスト入り 倭の五王が眠る巨大古墳群(産経新聞)
[PR]
by atdxnjlsq7 | 2010-06-16 16:50


菅氏代表選出馬へ、鳩山後継政権... >>