<愛知高速交通>社員が8900万円着服…横領容疑で告訴へ(毎日新聞)

 リニモ(東部丘陵線)を運行する第三セクター・愛知高速交通(愛知県長久手町)の経理担当社員が会社の口座から約8900万円を着服したとして、同社は7日、県警愛知署に被害届を出した。近く業務上横領容疑で社員を県警に告訴するとともに、損害賠償を求めて提訴する。

 同社によると、この社員は総務課の男性主幹(45)。主幹は09年4月〜10年4月30日、同社名義の銀行口座から55回に分けて計約8900万円を引き出し、着服した疑いがあるという。1回当たりの引き出し額は当初数十万円だったのが次第に増え、10年4月だけで2000万円以上を引き出していた。金は馬券購入に充てていたといい、主幹は「深みにはまり、エスカレートしてしまった。とんでもないことをした」と反省しているという。

 同社では主幹が出納責任者として通帳と印鑑を管理し、毎月末に総務部長が引き出し額をチェックする決まりだったが、部長はチェックせず、主幹に一任していた。4月28日に行われた年度末の定例監査で多額の使途不明金が発覚し、同社が調査していた。主幹は05年6月に名古屋鉄道から愛知高速鉄道に出向。名鉄は8日付で主幹の出向を解き処分を検討する。【加藤潔】

【関連ニュース】
横領:JAおやま元職員、顧客の預金解約し1億5千万円
八幡浜漁協:女性職員が顧客定期7000万円分を無断解約
ノリタケ子会社:元社員が横領認める 名古屋地裁初公判
ノリタケ:子会社元社員を追送検 横領額は1840万円に
業務上横領容疑:客の預かり金着服、元銀行員を逮捕 山形

本 元警視庁捜査1課長久保さん 体験もとに若者にエール(毎日新聞)
元大和郡山市議、無罪確定へ=融資詐欺、控訴断念−奈良地検(時事通信)
<雑記帳>JR青森駅をテーマにしたエッセー募集(毎日新聞)
普天間問題・閣僚から首相にエール 「約束は重いが実現は別問題」(産経新聞)
青野正「テツモジ」展(産経新聞)
[PR]
by atdxnjlsq7 | 2010-05-12 22:17


<< 豪族の送霊船を描いた円筒埴輪な... 損保代理店が2600万円詐取=... >>