サクラで平和を(産経新聞)

 サクラを通して世界平和を伝えようと、松山市のNPO法人「日本さくら交流協会」が、サクラの苗木を国内外に贈る活動を続けている。

 9年前に92歳で亡くなった元教師の男性が始めた活動。サクラの下で生徒を戦地に送り出した男性の経験から、戦争のない世界を願う気持ちを込める。

 これまで中国やトルコなど18の国・地域に約3万2千本を贈った。「苗木を植えるときの希望に満ちた表情は何物にも代えられない」と同協会。

勤務環境の改善は「今後も相談」―日産婦学会・海野氏(医療介護CBニュース)
<雑記帳>密室政治解消?市長面会室ガラス張りに 南相馬市(毎日新聞)
「個所付け」漏えい、前原国交相を口頭注意(読売新聞)
高裁も同じ判断「ホッ」裁判員経験者が控訴審傍聴(読売新聞)
<掘り出しニュース>ばんそうこうで健康管理システム 血圧から気温まで(毎日新聞)
[PR]
by atdxnjlsq7 | 2010-03-08 17:53


<< <皇太子さま>アフリカ訪問へ出... 男性ひき逃げ容疑でタクシー運転... >>