普天間移設、首相「連立維持する形の結論出す」(読売新聞)

 鳩山首相は19日夜、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題について、「連立内閣だから、社民党、国民新党にも理解していただけるような解決策を作り出していく。少なくとも最終的に連立政権を維持する形の結論を出す」と述べ、与党の結束を重視する意向を示した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。国民新党は同県内の米軍キャンプ・シュワブ陸上部への移設案などをまとめたが、社民党は県外移設を主張している。

政治とカネ集中は残念=党首討論での本格論戦に決意−鳩山首相(時事通信)
無職少年「沙耶さんの姉狙った」…石巻3人殺傷(読売新聞)
「天皇のよろい」発見 長岡宮跡 推古〜桓武時代 200年継承(産経新聞)
<訃報>田中常夫さん82歳=元日本陸上競技連盟理事(毎日新聞)
「従来と態様異なる」=麻生政権末期の機密費−政府が見解(時事通信)
[PR]
by atdxnjlsq7 | 2010-02-23 08:06


<< 温暖化ガス、家庭で最大半減に=... 官房長官、こっそり東京離れる…... >>